HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

リストラは安易にする戦略ではありません

リストラという言葉が普通に人々の間で使われるようになってから、随分と月日が経ったように思います。 本来は社員の首を斬る事を意味する言葉ですが、最近では何だか気軽に使われる事も多く、実際に経営が傾いた大企業が簡単に経営再建策としてリストラを実行しています。 社員の首を斬る事が有能な経営者の証、と賞賛する人々も多いですが、企業の血肉である人材を第一に切り落とし、経営再建を進めるのは本末転倒ではないでしょうか。 まさに「空腹になった蛸が自らの手足を食べる」様子です。 事実、数千人規模の首切りを実践した大企業の多くが、一時的な回復を見せるものの、その末路は外資系企業に買収されたり、倒産しているのが実態です。 安易な首切りは企業自身の体力や知恵を削ぐ戦略だと、識者も大勢語っています。

応援企業

長谷川優太 株式会社アドバンスは、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 長谷川優太 株式会社アドバンス
WEBサイト 長谷川優太(株式会社アドバンス講師)
事業紹介 長谷川優太(株式会社アドバンス講師)さんは、1993年9月19日生まれです。新潟生まれでではあるものの、生まれてすぐに東京都へ引っ越しています。 恩師はインターネットビジネス1本で生計を立て、自分より若い年齢で独立していることに尊敬の念を覚え懇願し教えてもらい、再び副業生活をはじめた。 高校卒業後、理学療法士(リハビリの先生)になることが確約されるという東京工科大学の医療学科(理学療法学科)へなんとなく進学し、4年間通った。 大学卒業後、大学で学んだことを活かし、理学療法士として一般病院へ就職したが、朝は早く残業は当たり前で稼ぎも手取り20万弱(月)と少なかった。

みんなのソーシャルアクション

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。