HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

ノンステップバスの利便性について

ノンステップバスとは、従来のバスよりも床を低くすることで、ステップを排したバスのことです。高齢者や子どもも乗り降りがしやすい構造になっているのが特徴です。補助スロープも備えているため、車いすの方でも簡単に乗降ができるのもメリットです。 普段は特に意識することなく利用していましたが、足を怪我した際、その利便性を実感しました。松葉杖を使った状態で普通のバスに乗るのはとても困難で時間がかかります。バスのステップを昇るのは少し怖いですし、もたついて他のお客さんにも迷惑を掛けているのではと不安になり、バスに乗るのが憂鬱になりました。そんなとき、ノンステップバスのことを思い出して利用してみたところ、スムーズに乗降できて驚きました。コストの面や、普通のバスよりも座席が少ないなどのデメリットもあるでしょうが、もっと普及すれば便利に思う人は多いのではないかと感じています。

応援企業

オープンハウス社長は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 オープンハウス社長
WEBサイト オープンハウス社長(荒井正昭)
会社案内 荒井正昭社長は、2013年に東証一部上場の記者会見で、「10年以内に売上高5000億円を目指す」と宣言されていました。その目標も、わずか6年で達成が見えてきました。オープンハウスの主な事業は、居住用・投資用不動産の仲介・販売、新築戸建て・マンションの開発、建設請負と不動産に関する総合的なサービスです。土地の仕入れから設計・施工管理・販売まで一貫して自社で手がけるビジネスモデルを構築。これによって販売活動で得たお客様のニーズをストレートに仕入れや設計に反映させることを可能にしました。荒井正昭(あらいまさあき)さんは株式会社オープンハウスの創業者で代表取締役社長です。

みんなのソーシャルアクション

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。