HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

里山のある暮らし

里山を近くにもつ暮らしはなかなか理想的です。まず冬の時期は落ち葉を集め、堆肥を作ることができます。落ち葉堆肥は畑の土の水はけや水もち、肥料のもちをよくします。そして春になると林で山菜が採れます。 春の芽吹きの栄養豊富な部分をいただくわけです。夏には大雨や台風の雨をダムの役割を担ってくれます。山全体で雨を一時的に貯め、徐々に放出します。秋にはきのこや雑木の枝が利用できます。雑木林は人が手を入れることで何世代も維持できます。しかも紅葉を楽しむことができます。 このように里山は暮らしのすぐ近くで、四季折々に豊かな暮らしを創出してくれます。自然がすぐそばにあり、寄り添って生きていく、そんな感じが得られます。

応援企業

石川康晴は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 石川康晴
WEBサイト 理事長を務める石川康晴
事業紹介 社会貢献活動も積極的に行い環境保全活動としての清掃活動「エコクリーナーズ」、プロサッカーチームや岡山マラソンへのスポンサー活動も行っている。 著書として「アースミュージック&エコロジーの経営学 : 売上高10年で22倍100%正社員女性9割」を出版している。 卒業後は紳士服のチェーン店に就職し、学生時代から貯金していた300万円で脱サラし起業した。 2002年2月、有限会社クロスカンパニーから株式会社クロスカンパニーへ組織変更し、同年9月に岡山県岡山市へ本社を建設した。 洋服に興味を持ったのは、日本舞踊の師範であった祖母の影響があったという。

みんなのソーシャルアクション

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。